フィルム現像|最短1時間仕上げ

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』 スピンオフフォトブック『「海行きたいね」と彼女は言った』 刊行記念写真展

写真展・イベント

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2021年11月5日~劇場公開&Netflix配信)のスピンオフフォトブック『「海行きたいね」と彼女は言った』。主人公・佐藤と伊藤沙莉演じる恋人・かおりが過ごした 1996年の横浜でのある一日を写真と脚本で描いています。本書の刊行を記念して、写真展を開催いたします。

写真はすべて木村和平さんが写ルンですで撮影した撮り下ろし写真、本書未収録写真も展示いたします。かおりを演じる伊藤沙莉さんの、ここでしか見られない表情にもご期待ください。

写真展概要

原作:燃え殻(『ボクたちはみんな大人になれなかった』新潮文庫刊)
監修:C&Iエンタテインメント 『「海行きたいね」と彼女は言った』刊行記念写真展
会場:WONDER PHOTO SHOP
期間:2021年11月2日(火)~2021年11月18日(木)
営業時間:12:00~20:00 ※11月11日(木)は18:00まで 最終日11月18日(木)は19:00まで

写真:木村和平(きむら・かずへい) 1993年生まれ。福島県出身。2018年に「第19回写真『1_WALL』審査員奨励賞」を受賞。ファッション や音楽、映画などの分野で撮影を行っている。著書に『あたらしい窓』など。

モデル:伊藤沙莉(いとう・さいり) 1994年生まれ。千葉県出身。2020年に第57回ギャラクシー賞テレビ部門個人賞、東京ドラマアウォード 2020で助演女優賞、21年に第63回ブルーリボン賞助演女優賞、第45回エランドール賞新人賞受賞。22年 1月からドラマ『ミステリと言う勿れ』が放送、主演映画『ちょっと思い出しただけ』が早春公開。著書に 『【さり】ではなく【さいり】です。』。

【書籍情報】
『「海行きたいね」と彼女は言った』 原作:燃え殻 / 監修:C&Iエンタテインメント / 出演:伊藤沙莉 / 写真:木村和平 / 脚本:高田亮 / 装 丁:熊谷菜生 / 定価:1,980円(税込)(左右社) ※発売日の11月5日より会場で購入できます。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』スピンオフフォトストーリー。もう会うことはかなわない、 自分の運命を大きく変えてくれた“最愛の人”との忘れられない一日を写真と脚本で描く、伊藤沙莉主演「あの日はなんでか全部がよかった──1996年横浜」に加え、燃え殻によるエッセイ2篇を収録。 

http://sayusha.com/catalog/books/p%e3%80%8c%e6%b5%b7%e8%a1%8c%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%ad%e3%80%8d%e3%81%a8%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e3%81%af%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%9f

1996年横浜────今でも、似た匂いがすると、この日のことを思い出す。 その日は目当の映画もやっていないかったし、喫茶店のケーキは冷凍だったし、せっかくの海も曇り空だっ たのに彼女は「なんか、今日はついてるね」と笑って、僕の手を握った。


【映画情報】
映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』 2021年11月5日~劇場&Netflixで公開
原作:燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊) / 監督:森義仁 脚本:高田亮 / CAST:森山未來(佐藤誠)、伊藤沙莉(加藤かおり)他/ 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント / 配給:ビターズ・エンド

Story 1995年、ボクは彼女と出会い、生まれて初めて頑張りたいと思った。“普通”が嫌いな彼女に認められたく て、映像業界の末端でがむしゃらに働いた日々。1999年、ノストラダムスの大予言に反して地球は滅亡せ ず、唯一の心の支えだった彼女はさよならも言わずに去っていった―。 そして2020年。社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳のボクは、いくつかのほろ苦い再会をきっか けに、二度と戻らない“あの頃”を思い出す……。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』
いま最も共感を呼ぶ、燃え殻原作ベストセラー小説が映画化!森山未来主演、Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』公式サイト。共演伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、大島優子、萩原聖人ほか

ご入場の際はマスク着用、手指の消毒をお願いいたします。
また、密集を避けるため、状況に応じて入場人数や入場時間を制限することがありますので、あらかじめご了承ください。
(店舗スタッフの指示に従っていただきますようお願いいたします。)

トップへ戻る