スタッフブログ更新中!

フィルムのあれこれ!【ISO感度編】

ブログ

はじめてフィルムを手にした時、どのフィルムがいいんだろう?何が違うんだろう?と疑問に思いますよね。
今回はその疑問に少しでもお答えすべく、フィルムを使用する時に大事なISO感度についてこちらの記事で紹介したいと思います。

ISO感度って?

ISO感度とはカメラやフィルムの箱に記載されてる50100400800などの数字のこと。
この数字は低いものから高いものまでいくつもあります。
そして、これらの数字には意味があり、必ずフィルム本体/フィルムの箱に記載されています!

ISO感度100や400といった数値は《フィルム自体の光の感度。つまりは、フィルムの光の表現力のちがい》

ISO感度が高い(数字が大きい)方が良いの?

ISO感度が高いと、必要な光の量は少なくなるため、室内、夜景(夕暮れ)でも低感度のフィルムよりもシャッタースピードを落とさず撮影できるため、動きの速い被写体(子供や動物)を撮るのに適しています。(ブレにくい写真になる)このISO感度の内容は、デジカメでも同じことがいえます。室内や曇りの日に撮影したい場合はISO感度の高いフィルムを使用するのをおすすめします!

ISO感度が高いことでデメリットはある?

ISO感度が高ければ高いほど(数字が大きければ大きいほど)、ノイズ(粒子)が多くなりザラッとした写真になります。逆にISO感度が低いほど画質の良い写真になるので、画質優先で撮影したい場合はISO感度の低いフィルムをおすすめします!

結局どれ選んだら良いの?

快晴の日の屋外で撮影→ ISO 100

晴れ/くもりの屋外撮影→ ISO 400

室内/くもりで撮影→ISO 800

※迷ったら…ISO400が万能!晴れの日(快晴すぎると明るく撮れすぎちゃうかも)でも曇りの日でも室内でも大抵映ります!

今回はフィルムのあれこれ【ISO感度編】でした!いかがでしたでしょうか?
自分の好みのフィルムや感度が分かると、撮影がもっと楽しくなりますね!最初は慣れるまでいろんなフィルムを試してみるのをおすすめします!一緒にフィルムライフを楽しみましょう〜♪
次回は、フィルムのあれこれ【フィルムの種類 編】です!

当店には手にとってご覧いただけるフィルム別サンプルもご用意していますのでぜひ店頭でチェックしてみてください!ご不明な点などはお気軽にスタッフまでご相談ください☆

トップへ戻る