スタッフブログ更新中!

陸前高田市 思い出の品 東京原宿 返却会&写真展レビュー

写真展・イベント

昨年に引き続き、陸前高田市思い出の品 返却会&写真展が今年も9/25~10/7までワンダーフォトショップで開催されました。陸前高田市思い出の品は、2011年3月11日の東日本大震災によって発生した津波で流され、持ち主がわからなくなった”写真”や”物品”を救済し、思い出の品(=震災拾得物)を元の持ち主へ返すための活動をされています。今回、当店で開催された出張返却会&写真展の様子をご紹介します。

陸前高田市 思い出の品 東京原宿 返却会&写真展 9/25~10/7【開催終了】

写真洗浄のやり方がわかりやすく展示されていました。

実際に救済された写真や思い出の品をまとめたファイルです。
高田市ゆかりの方々にご覧いただきました。「私の写真があった!」「これは〇〇さんじゃない?」という声も聞こえました。
ご自身やご家族のものがあった場合は受け取りを申し込むことができます。この展示が皆さんの思い出に出会える場所になれたようで嬉しいです。

被災前の陸前高田の写真42点を展示。高田市ゆかりの方々にとって、東京でふるさとを思い返せるいい機会になったのではないかと思います。

いざという時に役立つ「あんしんアルバム」も展示していました。詳しくはあんしんアルバムプロジェクトのホームページをご覧ください。

「あんしんアルバム」プロジェクト|笑いジワ本舗
>>「あんしんアルバム」の講座について>>「あんしんアルバムプロジェクト」について 活動の主軸と

富士フイルム写真救済プロジェクトの被災写真を救いたいという想いや、思い出の写真をプリントすることの大切さが強く伝わる展示でした。

展示されていたキャプション文は、全て富士フイルムのホームページの「私たちがやってきたこと。そして、わかったこと。」より抜粋されたものです。ぜひこちらも併せてご覧ください。

私たちがやってきたこと。そして、わかったこと。 | 写真でつながるプロジェクト
かけがえのない思い出を守るために、富士フイルムでは写真救済プロジェクトの一貫として、さまざまな活動を行なっています。
トップへ戻る